株式会社トニーアンドガイジャパン 様
tg_logo_150

利用用途:
eラーニング オンデマンド サービス向上 情報配信 教育 研修 資料共有

業種:
その他サービス

導入サービス:

アルフラーニングで美容師と、専門学校の生徒たちに幅広くビデオ学習を提供。基礎編から最新スタイルまで、自由にスタイリングやカラーリングを学んでもらいたい。

株式会社トニーアンドガイジャパン 様の場合

世界的に有名なサロンの日本でのフランチャイズチェーンがサロン内外の美容師と学生の教育に力を注ぐ

トニーアンドガイは、イギリスに本拠を持ち、世界48カ国にサロンを展開している。その国の数では世界一の美容室チェーンだ。またサロン経営のみならず、教育にも力を入れる美容室として、ヴィダルサスーンと並んで名高い。トニーアンドガイでは、サロンのスタッフ全員が二つ以上の顔を持つ。二つとは、サロンで活躍する美容師と、後進を育てるためのアカデミーの講師だ。教えることに力を注ぐが、ヘアメイクの最先端は常にサロンにあるから、サロンワークもまた欠かせない。世界中のサロンワークのデータをベースに、「本当に自信を持って使える技術・デザイン・サービス・教育」を日々、研究開発し、また多くの美容師や美容師の卵たちにその成果を伝授、教育している。

動画コンテンツを配信するのが最も効果的な学習手段になると考え、導入を決意した

これまでは紙のテキストによって写真やイラスト、文章を駆使して、各コースのカリキュラムを提供していたが、スタイリングやカラーリングを学び、しかも最先端のデザインに常にキャッチアップするには、自由に更新できる動画のコンテンツが欠かせないと判断したという。

「美容師たちの特性から言っても、動画を見て学んでもらうのが一番いいと考えたわけです。統一された動画教材を使うことで、サービス品質の均一化と向上も同時に期待できます。美容師はサロンで練習はするけれども、そのための予習・復習をする習慣はあまりありません。昔は夜中まで残って練習に励んだり、あるいは早朝に来て練習するなどが当たり前でしたが、時代の移り変わりもあり、教育時間がどんどん短くなってきているのが実情です。つまり、学ぶための時間が確保できないのです。そこでタブレットを購入してもらって、動画を配信し、通勤中なども含めて、自分の好きな時間に次のカリキュラムの予習をしてもらうということを考えました」(大井拓人マネージャー、以下同)

美容師の特性とは、俗に言う右脳が強い人が多いということだ。つまりはビジュアルを見て認識するのが得意な人が多いということになる。

「そこで以前は、コンテンツを開発してDVDに焼いていたのですが、DVDプレイヤーを持ち歩く人はあまりいませんでした。タブレットやスマートフォンが当たり前の時代になったので、動画配信に切り替えようと思い、システムを独自に開発するか、既存のアプリケーションを活用するかで悩みました。以前にもさまざまなシステムを開発してきたのですが、OSやブラウザのバージョンの更新などに合せたメンテナンスは非常に手間が掛かります。そこで既存のアプリを使うこととして、数社のシステムをテストさせてもらいました」

アルフラーニングを選び、独自開発のコンテンツを用意、iPad教育動画配信システムを完成させた

アルフラーニングを選んだ決め手は、フレキシビリティとシンプルさだったという。

「多機能はいいのですが、ボタンが多く、設定が面倒なものは美容師から敬遠されます。その点、アルフラーニングは非常にシンプルで操作がわかりやすく、私たちの理想に近いものでした。説明書も不要で、一度体験会を行えば、誰でも利用できます。また、ログイン画面を自由にデザインできるところも気に入りました」

自社開発したコンテンツは、スタイリストとカラーリストそれぞれのコースに分かれ(ほかに両方を閲覧できる講師用がある)、たとえばベーシックカッティングコースとか、ファンデーションカラーリングコースなど各種のコースメニューがあり、デザインごとにカッティング、シャンプーやトリートメント、ブローなど6ステップで構成されている。それぞれが基本10分以内の動画コンテンツで提供される。サロンのスタッフはタブレットにより、どこででも閲覧が可能。外部の美容師は集合教育時に教材として提示される。

「トニーアンドガイは分業制なので、それによって並ぶべきメニューもステップも変わりますから、そこを分けてログインできるのは便利です。それぞれ基本的な手順や注意点を予習することができるようになっています」

そしてアカデミーではモデルを入れて、実際の練習を行う。予習は通勤中にイメージトレーニングすることもできるが、自宅やサロンで動画を見ながら、ウイッグで練習するなども可能だ。また提携校用には、教員用と学生用のコンテンツがあり、一人一人にIDとパスワードが発行される。それぞれのIDによって、閲覧できる動画や資料、閲覧可能な期間など細かな設定をすることができる。こうした「ビデオ学習」のほか、「図書室」のコーナーでは、これまでに製作し配ってきた紙媒体のテキストや資料のPDF版を閲覧することができる。またマイページにはお知らせ、マイノート、掲示板の機能があるが、同社ではお知らせのみを活用している。

「導入は、テクニカルには非常にスムーズでした。難しかったのは、一度ダウンロードしてしまうと、退社後も閲覧できてしまうといった点です。防止策としてスタッフ一人一人に誓約書を書いてもらうことなどの対策を立てました」

まだ本格的に活用し始めて日が浅いが、今後はユーザーであるサロンのスタッフの意見なども取り入れて、より使い勝手のよいものにしてく予定だ。

「まずはテストを加えます。これは、ビデオ授業とリンクするものではなく、国家試験対策の練習問題を配信して、自動採点システムで自習に活用してもらうというものです。また、新製品の知識など、社内の知識教育にも活用する予定です。もちろんコンテンツも、イギリスなどの最新スタイルも取り入れて、適宜更新していきます。今後はスタッフの査定もしていく予定なので、ちゃんとこのシステムを利用しているかどうかなども分析レポートで確認していくようにもしたいと思っています」

さらに、毎年のニューコレクションなどを紹介するトピックスコーナーなども設ける予定だ。タブレットを持って、このシステムにアクセスするだけで、何から何まで必要な情報や教材を得ることができる、そんな画期的な教育システムが出来上がろうとしている。

1. アルフラーニングを選んだ理由
  • シンプルな構成と使い勝手の良さ
  • ログイン画面などを自由にデザインできるフレキシビリティ
2. 今後に期待すること
  • サロンスタッフの自律的な学習意欲の向上
  • サロンスタッフの技術の向上
  • 提携校での効果的な活用
3. 同様な使い方ができそうな活用アイデア
  • デッサンや陶芸教室など:コースに分けて、各ステップ10分以内の動画コンテンツを提供する
  • 資格スクール:自動採点付きの自習用テストを用意する
  • 社内研修:これまでの紙の資料をすべて格納する

株式会社トニーアンドガイジャパン
http://toniguy.co.jp/

ロンドンに本部のあるTONI & GUYファミリーの一員。世界フランチャイズの第1号。全国に11の直営店と6つのフランチャイズサロンを擁する。サロンビジネス、全国FC展開のほか、トニーアンドガイジャパンアカデミーによる教育事業にも定評がある。提携校は15校。またグッズ販売、ライセンスビジネスも展開。従業員数90名、グループ総数220名(2015年4月現在)。